介護師になりたいなら資格を取ろう|憧れの仕事に就くには

短期間で勉強する

勉強

日本は高齢化社会を迎え、深刻な介護の人手不足に陥っています。そのため、介護の仕事は、今非常に注目されている仕事の一つです。介護の仕事は、資格がなくてもできる仕事ではありますが、資格があるのとないのとでは待遇に大きな差異が生まれますから、介護の仕事を考えているかたは、資格の取得を目指したいものです。その資格には、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーというものがあります。介護職員初任者研修は、少し聞きなれないですが、以前ホームヘルパー2級といわれていたものです。取得に際して、変わった点は実技や演習がなくなったことです。介護される側としては、やや不安を感じてしまいますが、資格取得者を増やしていかなければいけない現状の中ではやむを得ないことなのかもしれません。しかし、取得する側としては、少しハードルが下がったと言えるのではないでしょうか。介護の仕事をしようとしている人がまず取るのが、この介護職員初任者研修ですが費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。スクールにもよりますが、およそ8万円から15万円くらいです。期間は最短で1か月でとれるところもありますし、2、3か月かけてとるところもあります。それぞれにカリキュラムが違いますから、値段だけではなく、内容もよく比較してスクールを選びましょう。最近では、様々な条件付きではありますが、資格取得の補助を出してくれるところもありますし、ハローワークで受けられることもありますから、調べてみるのも良いでしょう。